“新型コロナ”感染2例目 神奈川から袋井へ 男性の詳しい足取りは 静岡

2020年03月11日(水)

地域暮らし・生活

静岡県内で2例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されました。

男性の居住地は神奈川県。

新幹線で静岡県内に来て、発症後マスクなしでスーパーマーケットを2回利用していました。

まず男性の詳しい足取りです。

県医療健康局・鈴木宏幸局長 「県内から、新型コロナウイルス感染症患の発生が確認されました。50歳台の男性の方でございます。居住地は神奈川県と聞いていおります」

10日夜、県は臨時の会見を開き、県内2例目となる新型コロナウイルスの感染者が確認されたと発表しました。

県によりますと、神奈川県の50代の男性は3月7日から袋井市の持ち家で1人で過ごしていたところ、9日、38.8度の高熱で救急搬送されました。

その後、PCR検査を行い、10日、陽性が確認されました。

県疾病対策課・後藤幹生課長 「(症状は)決して軽くない状態とは聞いています。酸素の投与を受けているとまでは聞いてます」

現在は県西部の病院に入院していて、意識はあり、会話もできますが、呼吸が困難で酸素投与を受けています。

男性の行動を振り返ります。

異変が起きたのは2月26日、発熱・咳・嘔吐の症状が見られましたが、医療機関は受診しませんでした。

7日午前、男性はマスクと手袋をして、新横浜駅から新幹線のこだま号に乗り、掛川駅で東海道線に乗り換え袋井駅まで行きました。

原崎瞳記者 「男性は袋井駅で電車を降りた後、タクシーに乗って袋井市内へ向かいました」

その日は家で一人で過ごしたということですが、その後・・

原崎記者 「男性は袋井市内でスーパーマーケットを二回利用し、その際マスクはしていませんでした」

8日の夜と9日の昼前の二回、スーパーマーケットにマスクをつけずに来店し、食料品を購入していたということです。

県は感染拡大の可能性はないとして、店名を公表していませんが、気になるのは周りの人に感染の危険はなかったかどうかです。

県疾病対策課・後藤幹生課長 「(Q同じ空間にいた方は濃厚接触の可能性がある?)その可能性は否定はできないと思いますが、お店で聞いた限りでは、この時間帯はそれほどお客さんはいなかったことは確認しています。(Q新幹線の一緒の号車に乗っていた方は濃厚接触者になりうる?)この方がマスクをしていたということですので、厳密にいうと濃厚接触者は可能性は低いと思います」

県医療健康局・鈴木宏幸局長 「運転手については濃厚接触者と判断しております。このかた、現在、症状はございません」

しかし、袋井市は公立の幼稚園や放課後児童クラブを、12日から当分間、休みにし、卒園式も中止とすることを決めました。

地元では戸惑いの声も…

袋井市民 「来年から小学校に行くので(卒園式)がなくなるのはちょっとやっぱり・・・明日から休みなのは大きいです」

別の市民 「ついにきたのかなと思いましたけど。」

タクシー運転手 「もっと詳しく教えてもらいたい。どこのタクシーに乗ったとか」

県は男性の容態を見ながら聞き取りを進め、濃厚接触者がいるか、さらに詳しい調査をする方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ