ひそかなブーム 家で楽しむ インテリア仏像 

2020年03月12日(木)

話題

いま仏像ブームが起きていることをご存じでしょうか。

お寺や美術館へ行くだけでなく、最近では生活の中でインテリアとして仏像を楽しむ「お家で仏像」が流行っているんです。

高里絵理奈アナウンサー「仏像といえば、お寺などで見る・拝むというのが一般的でしたが、最近ではこのようにインテリアになる仏像があるんです」

静岡市葵区の松坂屋静岡店で12日から始まった「インテリア仏像展」。

仏像をより身近に感じてもらおうと、おととしから行われています。

会場には仏像が40点以上が展示されていて、値段は1万3千円から30万円程です。

仏像の表情や、色合い、表面のひび割れなど、実物に近づけた造りが、人気の理由です。

男性「一つ一つ表情が違うものですからね。よく見てると、違いが分かってくるんですよね。」

イスム 松川政輝マネージャー「仏教に対する信仰心が強いお客様ももちろんいらっしゃるんですけど、そんなに信仰心というのではなく、美術よりのアプローチ、美しい、綺麗だから手元に置いておきたいというお客様の方が多いかもしれないです」

それぞれ表情が違うため、どこに飾るか考えるのも楽しみの一つ。

例えばこの迫力ある不動明王は・・・

イスム 松川政輝マネージャー「すごく厳しい、戒めの表情をしているので、お勉強されているお机、お仕事をしているお机に置いて叱咤激励されながら鑑賞していただくのがおすすめですね」

今や仏像の楽しみ方は人それぞれ。

「インテリア仏像展」は16日まで行われています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ