新型コロナ 2月は国際線の搭乗者激減 静岡空港

2020年03月12日(木)

ビジネス(政治・経済)

新型コロナウイルスの影響で、欠航が相次ぐ静岡空港。

2月の国際線の利用者は、前の年の2割あまりと激減しています。

県によりますと、2月の静岡空港の搭乗者数は4万473人。

国内線は2月として過去最高を記録した一方、国際線は5500人ほどに留まり、前の年の同じ月と比べ2割あまりと激減しました。

2月11日から全便欠航となった中国路線は、166便中124便が運航せず、国際線の搭乗者数は開港以来、過去最低の数字です。

国際線は11日から運航がゼロとなるなど、影響はさらに拡大する見込みです。

インバウンドの落ち込みの影響をうけた一つが、今年で30回目を迎えた河津桜まつりです。

2月10日から1カ月間にわたって開催されてきましたが、今年の来場者は52万人あまりで、前の年から4割以上落ち込みました。

実行委員会によりますと、60万人を割ったのは1998年以来だということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ