市が備蓄マスクを配布 保育園や児童クラブの職員用 静岡・焼津市

2020年03月13日(金)

地域暮らし・生活話題

焼津市では13日から、保育園や放課後児童クラブの職員用として備蓄マスクの配布を始めました。

焼津市はマスク不足の状況を受け、放課後児童クラブや保育園など108の施設に5万枚の備蓄マスクの配布を決めました。

13日は朝から各施設の担当者が市役所を訪れ、職員1人につき30枚のマスクを受け取っていました。

市立保育園 「園のマスクは1枚も無くて、保育士は自分の家から持ってきている形で」
小規模こども園 「職員は(マスクを)してないですよ。給食の職員はね、してないと衛生面で大変なので、給食の方に回してるという形」

市はすでに病院や学校などにマスクを配布済みで、市内での感染防止をめざします。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ