宿泊業に大打撃 新型コロナで東部・伊豆地域の事業所の半数以上に影響 三島信用金庫

2020年03月14日(土)

地域暮らし・生活ビジネス(政治・経済)

三島信用金庫が静岡県東部と伊豆地域の事業所に新型コロナウイルスの影響を調査したところ、半数以上に影響が出ていることがわかりました。

三島信用金庫は、2日から5日まで県東部と伊豆地域の760事業所にアンケート調査を行いました。

その結果「すでに大幅な」もしくは「若干の」影響を受けていると回答した企業は、412事業所と全体の54%でした。

特に宿泊業では2月以降のキャンセルがおよそ6万人に上り、宿泊・飲食業では3月以降の予約もストップするなど深刻です。

多くの事業所で少なくとも3ヵ月間は影響が出ると見込んでいて、三島信用金庫は資金繰りの悪化に備え14日に緊急休日相談窓口を設け対応しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ