住民が荒れ地を整備 花咲く名所づくり「ロウバイの里に」 静岡・掛川市

2020年03月15日(日)

地域

雑草や倒木で荒れた土地を掛川市の有志が整備し、ロウバイの苗木を植えました。

掛川市初馬にある斜面。

雑草や倒木で雑然とし原野同然でしたが、四季を感じられる風景にしようと地元の有志が「花咲会」を発足させました。

2年かけ進めてきたのは草刈りや伐採、それに遊歩道の整備です。

費用は18人の会員が負担してきました。

15日は7000平方メートルの土地にロウバイの苗木500株を植え、肥料をまいていきました。

初馬地区ボランティア「花咲会」石川寿代表
「本当に苦労して、みんな実費で保険代から燃料、草刈り機や重機なども出してもらってね。とにかく早く花が咲いてほしい。早くみなさんに見てもらいたい」

花咲会は3年ほどかけ「無料で散策できるロウバイの里を誕生させたい」と意気込んでいます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ