五輪代表に内定「強気で攻めた」20キロ競歩・池田向希選手 

2020年03月15日(日)

芸能・スポーツ

陸上20キロ競歩の選考レースが石川県で行われ、浜松市出身の池田向希選手が優勝。オリンピック代表に内定しました。

2月の日本選手権は2位とオリンピックに手が届かなかった浜松日体高校出身で東洋大学3年の池田向希選手。

15日が最後の選考レースです。

武器である「早い足運び」と「スピード」に加え持久力を磨いてきたという池田選手。

落ち着いた表情を見せ、4人の先頭集団がレースを引っ張ります。

課題としていたのは後半、ラスト4キロからは代表を争うライバルとの一騎打ちに。

「強気で行こう」と決めていた池田選手は、幼い頃からの持ち味という「粘り強さ」を発揮してライバルを振り切ります。

そのまま、トップでフィニッシュテープを切り見事に優勝、オリンピック代表に内定しました。

池田選手「優勝してオリンピック内定を獲得することができ、本当に良かったと思っています。ラスト勝負になっても、絶対に負けないんだという強い気持ちもっていかなきゃいけないな。最後は本当に攻める気持ちでいこうという思いで行きました」

50キロ競歩の代表には、小山町出身で同じ東洋大学の川野将虎選手が内定していて、県勢の活躍に期待が高まります。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ