五輪・競歩20キロの代表内定 浜松出身・池田選手 家族の声援が後押し

2020年03月16日(月)

地域芸能・スポーツ

うれしいニュースが15日届きました。

陸上・男子20キロ競歩の代表選考会で、浜松市出身の池田向希選手が優勝しオリンピック代表に内定しました。

そのレースを間近で見守った家族にも密着。声援が池田選手を後押ししました。

ここまで2回行われた選考レースではオリンピックに届かなかった浜松市出身・池田向希(いけだ・こうき)選手。

父・茂さん 「(五輪内定を)決めてくれると信じている」
母・由紀子さん 「今度こそ笑顔のゴールが見たい」

優勝すれば代表内定、これが最後の選考レースです。

「リラックスし勝負所では強気に!」父の助言通り、序盤は落ち着いた表情で先頭集団を引っ張ります。

そして課題としていた後半残り4キロでライバルと一騎打ちに。

ラスト1周。

母・由紀子さん 「こうき~負けないで気持ちで負けない」

ラストスパートでライバルを引き離し、トップでフィニッシュ。

母・由紀子さん「きょうはもう、うれし涙。本当にうれしい」

家族の声援を力に変えた池田選手。

池田向希選手 「いつどこでもどんな国に行っても応援してくれる家族がいたから、ここまで戦ってくることができた。家族の前で五輪を決めることができてよかった。ここからスタートだと思うので、もう一度、東京五輪に向けて頑張っていきたい」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ