“新型コロナ” モスクを一時閉鎖 感染防止の動画を発信 静岡ムスリム協会

2020年03月20日(金)

地域暮らし・生活話題

新型コロナの影響で、静岡市にあるモスクは閉鎖という苦渋の決断を余儀なくされました。

静岡ムスリム協会は、日本で暮らすムスリムに向けに感染防止の動画もつくって注意を呼び掛けています。

静岡市の用宗港近くにあるモスク「静岡マスジド」。

入口には「閉鎖」の張り紙が。

1日に何度も礼拝をするムスリムにとってモスクの閉鎖は非常事態ですが、感染を避けるための決断でした。

静岡ムスリム協会・アサディみわ事務局長 「金曜日だけは集団で集まって礼拝をするという責務がありますので、それを果たせないのが残念なところです」

集団で行う礼拝。体が接触する機会も多く、感染が広がる中苦渋の決断でした。

さらに、静岡市のモスクは閉鎖しましたが、全国でまだ開いているモスクもあるため、静岡ムスリム協会では全国に向け感染を防止する啓発動画を作りインターネットで公開しました。

ー啓発動画ー
「×直接カーペットで祈る」
「〇マットを使う」

「×くしゃみを手でおさえる」
「〇咳やくしゃみは腕で抑える」

静岡ムスリム協会・アサディみわ事務局長 「ムスリムのコミュニティの方は非常に多様性のある方たち、多国籍、多言語のかたたちなので、言葉だけではなくて動画で見える形でお伝えした方が伝わると思って作りました。私たち挨拶をするときに握手やハグが非常に多いので、今は感染予防のために避けて挨拶のパフォーマンスをする体が接しないパフォーマンスに変えてもらうことや、手洗いを石けんでよくやってもらうことを気を付けてほしいと思っています」

モスクの閉鎖は4月2日まで続ける予定ですが、4月中旬には断食月ラマダンに入り交流が増えるため、改めて対応を考える方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ