「遺志を守っていきたい」 宮城まり子さん死去 葬儀は関係者で 静岡・掛川市

2020年03月23日(月)

地域話題

静岡県掛川市にある障がい者の養護施設「ねむの木学園」の創始者で、女優の宮城まり子さん。

21日、都内の病院で亡くなっていたことがわかりました。

93歳でした。

音楽に合わせ旗を振る入所者たち。

「ねむの木学園」は1968年に女優の宮城まり子さんが設立しました。

子供のころから舞台に立ち、その後、歌手や女優として活躍してきた宮城さん。

体が不自由な子供たちの学びの場を作りたいと考えました。

宮城まり子さん 「(Q私立では宮城さんの所が全国の先鞭を切ったというか第一号なんですけど、こういった学校は各地でつくられるべきでしょうか?)私はべきと思います。べきだと思うからやってやったの」

上皇后さまとの親交も深く、上皇ご夫妻は退位前のおととしにも私的な旅行の一環として学園を訪問されています。

ねむの木学園によると、宮城さんは去年春頃から入退院を繰り返し、21日、93歳の誕生日に亡くなりました。

ねむの木学園・梅津健一さん 「学園長の遺志はこれからも守って行きたいということ。子供達のことはしっかり守っていきたい、守っていかなければならない、そういう思いは抱いております」

県知事選挙で支援団体の代表を務めてもらうなど、交流のあった川勝知事も突然の別れを惜しみました。

静岡県・川勝平太知事 「きれいな心を持っている人は世のなかにいますが、それを形にして献身して一生それに懸けた人はいないと言ってもいいくらい」

マザーテレサに匹敵する、素晴らしい日本が生んだ女性、宮城さんの葬儀は27日にねむの木学園で職員と入所者のみで行われる予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ