給食中止で打撃 買って浜松の農家を応援する「即売会」

2020年03月24日(火)

地域

新型コロナウイルスの影響で需要が減っている地元の農産物を販売して、農家を応援しようと浜松市中区で24日即売会が開かれました。

この即売会は飲食店や学校給食での食材の需要が減る中、民間の団体「浜松パワーフード学会」などが開きました。

市内15軒の農家が生産したイチゴや柑橘系の果物をはじめ、春キャベツやレタスといった旬の農産物が手ごろな価格で販売され、訪れた人たちは農家を支援しようと農産物を買い求めていました。

買い物客 「家にいなきゃいけない気持ちもあるけど、協力したい気持ちもあったので」

浜松パワーフード学会 秋元健一会長 「本当に温かくて、頑張ってねという声をたくさんもらっているので本当にありがたく思っている」

この即売会は31日も開催され、売り上げはすべて農家に届けられます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ