走って飲んでお昼寝 「与那国馬」の赤ちゃん 愛らしい姿が人気 静岡・三島市

2020年03月25日(水)

地域話題

静岡県三島市の楽寿園に新たな命が誕生。

日本の在来馬「与那国馬(よなぐにうま)」の赤ちゃんが生まれ、愛らしい姿が人気を集めています。

3月20日に楽寿園で生まれた、与那国馬のオスの赤ちゃん。

日本固有の馬の一種で、おととしからオスとメス一頭ずつの飼育を行ってきました。

生まれてからすでに2キロほど大きくなったウマは、元気に走り回ったり、母乳を飲んでお昼寝をしたり。

訪れた人たちはかわいらしい姿に目を細めていました。

楽寿園で与那国馬の赤ちゃんが生まれたのは今回が初めてで、名前は今後募集して決めるということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ