7月1日「レジ袋有料化」 実際はどうだったの?

2020年07月03日(金)

地域暮らし・生活話題

普段何気なくもらっていたレジ袋。1日から全国一斉に有料になりました。

海洋プラスチックゴミの削減などが狙いですが、具体的にどのように変わるのか。

店の対象となるのは「小売業を営む全ての事業者」です。

コンビニやドラッグストア、スーパー、玩具店やスポーツ用品店なども対象です。

対象となる買い物袋の種類は、

【1】プラスチックであること
【2】持ち手があること(野菜や魚を入れるような袋は対象外)
【3】袋の中身が商品であること(試供品入れ等は対象外)
【4】客が袋を辞退できるかたちか(福袋のように袋が商品の一部のものは対象外)

このように決められています。

一方で、環境に配慮していると認められた袋は有料の対象にはなりません。

例えば、厚さが50マイクロメートル以上の袋。厚さがあってくり返し使えるので“対象外”です。

それから海洋生分解性プラスチックを100%使った袋。
海でも微生物などによって自然に戻るため、対象になりません。

また、動植物由来のバイオマス素材が25%以上入っている袋も地球温暖化対策に役立って環境にやさしいとされるので“対象外”です。

では、県内の現場はどう対応しているのか取材しました。

伺ったのは静岡市葵区にある斉藤精肉店です。

本谷育美アナウンサー 「こちらのお店では、いままでどんな袋をつかわれていたんですか?」

斉藤精肉店・斉藤卓久さん 「こういったタイプの名前入りの袋を使っていました。一律5円、お客様から頂くという対応をさせていただきます」

わざわざオーダーして作った店名入りのレジ袋。

一般的なレジ袋より厚手ではありますが、無料で配布できる厚さではないため1枚5円としました。

店員 「袋は?」
利用客 「・・・車にあって。今日からだなと思いながら」

有料化初日、マイバックを忘れた常連客は5円を支払いレジ袋を購入。

利用客 「袋はいつも持って、バックに入れたりとか車の中には入れているんですけど。小売店だとやっぱり持っていくの忘れてしまいがちです」

有料化を前に店オリジナルのエコバッグの販売も始めましたが、マイバックを利用する人は1割程度でした。

斉藤精肉店・斉藤さん「今までも、お肉をそのまま直接エコバックに入れるのは嫌だと言っているお客様もいましたし。お客様が決めてもらうものなので、もう少し様子を見ながら考えようと思っています」

一方、子供たちが集まる駄菓子店では・・・

本谷育美アナウンサー 「駄菓子を複数購入すると、このように袋に入れてくれるんですが、お菓子の名前が入っていますね」

あまのや繁田商店では、駄菓子を買った子供達には、こちらの不要となった菓子袋を再利用してもらうことにしています。

あまのや繁田商店・繁田昌大さん 「子供たちは基本的に袋は持ってこないので。例えば30、40、50円に対して、5円は割合としてすごく大きいじゃないですか」

子供たちの負担にならないように。

一方で、主に大人用には有料のレジ袋も用意していてサイズにかかわらず5円を徴収します。

レジ袋の有料化は、店にとって負担軽減になると賛成です。

繁田商店・繁田さん 「1枚にしたら数円ですけれども、年間で何万枚と使ってくればそれなりの額になってくるので、早く浸透してくれればいいなと思います」

環境のためにはエコバックを持参するのが一番ですが、実際どうだったのか。
浜松市の杏林堂薬局に中継が出ています、原崎さん。

原崎瞳記者
「浜松市東区のピーワンプラザ天王店に来ています。杏林堂薬局も1日から県内全85店舗でレジ袋を有料化しました。店内にはこのように有料化を知らせるチラシが貼られていて、セルフレジの画面でもマイバックや有料のレジ袋を選択する画面が表示されるようになりました。では具体的にどのように有料化したのか、広報の下嶋さんに伺います。杏林堂薬局では袋の種類によって値段が違うんですよね」

杏林堂薬局マーケティング部・下嶋みちるさん
「5種類の袋があり、2リットルのペットボトルが2本入る中サイズは2円 4本入る大サイズは4円、お米などを入れる厚手の大サイズは6円、衛生用品を入れる黒い袋は4円、介護用おむつなど入れる特大サイズが25円です。そのほかエコバックやマイバスケットの販売、再生可能な段ボールの無料提供など継続していきます」
 
原崎記者 「レジ袋の値段は事業者ごと決められますが、なぜ一律にはしなかったのか?」

杏林堂薬局・下嶋さん「お客様によって買い物の量や食品かそうじゃないのかと様々ですので、お客様のニーズに合わせて選んでもらえるように設定しています」

原崎記者 「7月1日の有料化初日を迎えて、実際にお客さんの様子はどうでしたか?」
杏林堂薬局・下嶋さん 「今日急激に増えたというよりも、5月6月以降エコバックやマイバスケット持参のお客様が増えたように感じています。実際に、今日一時的に状況を確認したところ、7割から8割のお客様がエコバックやマイバスケットを持参しています。杏林堂薬局でも取り扱っているエコバックの売り上げは5月と6月を比較して約2倍、マイバスケットは5倍以上と、需要の高まりとともに地域の皆様の意識の高さも感じています。杏林堂薬局としても環境問題に対し最大限の取り組みをしていきたいと思います」

原崎記者 「7月1日をスタートにレジ袋を削減がどれほど進んでいくのか注目です。以上、中継でお伝えしました。」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ