県内最年少34歳の市長誕生 「希望を持って住める街に」静岡・裾野市長選

2022年01月24日(月)

ビジネス(政治・経済)

23日投票が行われた静岡県裾野市の市長選挙は新人の村田悠氏(34)が、現職を破り初当選を果たしました。村田氏は県内最年少の市長となります。

裾野市長選挙は新人で元市議会議員の村田悠氏が現職に約2000票差で競り勝ちました。

企業誘致などによる財政の立て直しを掲げた村田氏は現職への批判票も取り込み、34歳の市長は県内最年少です。

初当選した村田悠氏 「市民の皆さんが希望を持って住めるような街を、産業を増やすことをまずは考えて、市民サービスの充実や明るい話題を提供していけるように務めていきたい」

一方落選した現職の高村氏は政策の説明不足を敗因に挙げました。

高村謙二氏 「私のそうした中途半端な覚悟にみなさんを引きずり込んだ、巻き込んでしまったことに対しては、本当に申し訳ございません」

裾野市長選の投票率は50%で前回を0.4ポイント余り下回りました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

防災情報

静岡のニュースポータルサイト ShizLIVE

ニュース公式 YouTubeチャンネル

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ