休業要請の協力金20万円 静岡県への申請開始 書類の提出先に注意を

2020年05月07日(木)

地域

静岡県の休業要請に応じた事業者が受け取れる協力金の申請が始まりました。
35の市と町のうち、事業所のある場所によって申請先が異なります。

県が設けた相談センターには7日午後、電話での問い合わせが相次ぎました。

休業要請に応じた事業者から次々に質問が寄せられます。

県は4月25日から5月6日まで、遊興施設など7つの分野の事業者に休業を求め、大規模な商業施設などは6日で終了しました。

営業を取りやめた事業者は、協力金20万円を受け取ることができます。

申請には確定申告書や帳簿の写しなどが必要で、県のホームページや郵送で受け付けています。

注意が必要なのは書類の提出先です。

県が受け付けるのは22の市と町で、残る13の市町は市役所・町役場となります。

静岡県危機管理部・植田達志報道官「事業所のある市町ごとに対応が異なるので確認してもらって、市町役場で扱ってくれる所については、まずそちらへ確認してほしい」

県への申請期限は5月29日で、6月以降、協力金が支払われます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ