人形焼き・雷おこしを守ろう フードロスをなくそう 掛川から浅草を応援 おかみさん市 静岡

2020年05月09日(土)

地域暮らし・生活

新型コロナウイルスの影響によるフードロスをなくそうと、9日朝、掛川市で朝市が開かれ、販売する機会を失った東京・浅草の土産物も店頭に並びました。

これは、採れたての野菜を販売する朝市で、静岡県掛川市で商店を営む女将さんたちが毎月開催しています。

9日は、新型コロナの特定警戒都道府県として大変な状況が続く東京・浅草を支援しようと、土産物の「人形焼き」や「雷おこし」が特別に販売されました。

販売やりとり「緊急事態宣言なので、浅草でこれ全部フードロスになってしまう」

賞味期限が迫った商品は、2割から3割程度安く販売され、用意された150個は30分も経たずに完売しました。

掛川おかみさん会 山本和子会長「浅草の人たちに、少しでも掛川から元気を送れればと思うし、連携をとりながらみんなで元気づけていけたらいいと思う」

新たに生まれた支援の輪。これからも広がりそうです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ