温泉街に元気を 営業自粛の続く名湯 旅館の客室に明りを 静岡・修善寺温泉

2020年05月10日(日)

地域

営業自粛が続く伊豆市の修善寺温泉で、9日夜、温泉街を元気にしようと客室に灯りをともす取り組みが行われました。

この「灯りプロジェクト」は、温泉旅館協同組合が、地元住民の気持ちを少しでも和ませようと行いました。

9日は、本来ならほぼ満室となっていたであろう土曜日です。

取り組みに賛同した12軒の旅館の客室には、午後7時からの3時間灯りがともされ、温泉街は久しぶりに明るい雰囲気に包まれました。

修善寺温泉旅館協同組合・森孝夫理事長
「(自粛要請期間終了の)5月20日以降に、徐々にオープンしていく旅館がどんどん増えてくると思うんですが、まずは感染者を出さないための対策を十分にとって、安心してお泊りしていただける体制を作ったうえで、徐々にオープンしていきたいと思っております」

この取り組みは、修善寺温泉で16日にも行われる予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ