新型コロナでキャンセル相次ぐ 観光ホテルが自己破産 静岡・沼津市

2020年05月11日(月)

地域ビジネス(政治・経済)

静岡県沼津市内のホテルが破産手続き開始の決定を受けていたことがわかりました。

新型コロナウイルスによる影響と見られます。

地裁沼津支部から破産手続きの開始決定を受けたのは、沼津市にある山三ビュウホテルです。

帝国データバンクによりますと、1973年に設立されたホテルは、バブル崩壊後経営が悪化していましたが、近年中国人団体客向けのサービスを充実させ経営を持ち直しつつありました。

しかし、新型コロナの影響による相次ぐキャンセルで、資金繰りが立ち行かなくなったとみられるということです。

新型コロナによるホテルの経営破綻は県内では初めてです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ