現役では国内最古 樹齢300年超の大茶樹で茶摘み 静岡・藤枝市

2020年05月12日(火)

地域

藤枝市にある樹齢300年を超える大茶樹で12日 茶摘みが行われました。

藤枝市瀬戸ノ谷にある平口好三さんの茶畑には、320年ほど前に種を蒔いたと伝わる高さ4メートル、木の周囲は33メートルもある大茶樹が植えられています。

茶摘みが行われる現役の茶樹としては国内最古で、12日は手揉保存会のメンバーや市の職員が5センチ程の新芽を摘みとっていきました。

12日に摘んだ約15キロの生葉は、手揉みで製茶し「長寿の香り」という縁起物のお茶として市内のお年寄りにプレゼントされる予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ