イオンモール営業再開 体温自動測定も導入 浜松市

2020年05月13日(水)

地域暮らし・生活

静岡県内全3店舗のイオンモールが13日から営業を再開し、久しぶりの客を迎えました。

浜松志都呂では、入店客の体温を自動で測定するシステムを導入し感染防止策をとっています。

午前10時、西区のイオンモール浜松志都呂は25日ぶりに営業を再開し、従業員が店頭に立って客を出迎えました。

入口ではAIの顔認証技術と赤外線カメラで来店者の体温を測り、37.3度以上の客には買い物を控えるよう促すということです。

また、換気のために店内3ヵ所にサーキュレーターを置いて空気の流れを作っています。

イオンモール浜松志都呂・平間賢一ゼネラルマネージャー 「安全を感じて頂いて安心してお買い周り頂けるように、現時点でできる限りのことを対応してお迎えしたいと思っております」

ほかにも、館内の椅子に距離を取って座るよう紙を貼るなど対策をとり、営業時間は2時間短縮するということです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ