補正予算で“基金”取り崩し 静岡・田辺市長「世界的危機であり国難」

2020年05月13日(水)

地域暮らし・生活ビジネス(政治・経済)

協力金もなく収入3割減の事業者には10万円の給付を。

静岡市は新型コロナウイルスに関する経済対策としての補正予算案を発表しました。

静岡市が編成した補正予算案は、一般会計の総額で45億6千万円あまりです。

大半を占めるのが、売り上げが3割以上落ち込んだものの県や市の休業補償の対象外となった中小企業や個人事業主への10万円給付です。

一方、補正予算の財源となる災害時などに備えた市の基金の残高は3月末の77億円から1億円に減るということです。

静岡市・田辺信宏市長 「わたしはいまとにかくギリギリのところまで取り崩してまでも、こういうメニューを用意しました。いま大災害だと、世界的危機であり国難であると」

また、5月末までとしていた学校の休校の前倒しについて14日までに判断したいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ