行動制限の目安「ふじのくに基準」 国の基準より厳しく 静岡県・専門家会議

2020年05月15日(金)

地域暮らし・生活

県民の行動制限の目安となる基準について、静岡県の専門家会議は国の緊急事態宣言の解除基準より厳しくする方針で合意しました。

県は今後の県民の行動制限の目安となる県独自の基準「ふじのくに基準」の策定を進めています。

14日行われた感染症の専門医などの会議では、国の緊急事態宣言解除の基準のひとつ新規感染者数10万人当たり0.5人よりも厳しい基準とすることで一致したということです。

県疾病対策室・後藤幹生課長 「県におきましてては一段厳しい基準で、(10万人当たり)0.12人くらい厳しい基準でまずはやっていこうといった合意は得られたところです」

具体的な基準については15日午後、川勝知事が会見を開き公表する予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ