スルガ銀行 黒字回復「シェアハウス問題の解決へ道筋」 静岡

2020年05月15日(金)

地域ビジネス(政治・経済)

スルガ銀行は3月期の連結決算を発表し、最終的な利益が253億円と黒字回復しました。

決算発表はオンライン上で行われ、経常利益は417億円、当期純利益が253億円と前の年の赤字から一転、黒字回復しました。

主な要因は、シェアハウス関連の債権売却により経常費用が減少したためです。

一連の問題は解決への道筋がついたとし、業務提携するノジマとデジタルを活用した金融サービスなどに取り組む考えです。

スルガ銀行・有国三知男社長 「新しい中期経営計画に基づいて、新しいスルガ銀行の姿を構築する」

また、新型コロナの影響を受ける地元企業の支援に力を入れたいとしていて、今期の貸し出しに関わる費用は200億円を見込んでいます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ