学校再開はいつ? 再開後は「意識を変えていくことが重要」 静岡県内

2020年05月15日(金)

地域暮らし・生活

静岡県内での新たな感染者の発表がなく15日で2週間となります。

こうした状況を受け、多くの市町で来週や再来週から分散登校や午前中のみなど段階的な学校再開を始めていきます。

ただ、来週中に通常通りとしているのは、すでに再開している西伊豆町を含め黄色で示した袋井市と川根本町のみです。

再来週中にはピンク色の(9)市町が通常通りの授業となります。

静岡市や浜松市など青色の(11)市町は通常通りとなるのは6月1日からで、緑色の(12)市町が検討中としています。

浜松市の鈴木市長は来週から2週間を段階的な再開期間を設けたとしています。

浜松市・鈴木康友市長 「(18日から)徐々に学校活動を再開していくと、いろんな準備もございますので通常の活動再開は6月1日からと」

また、学校の再開にあたり、教育の専門家で自身も千葉大学の附属中学の校長を務める藤川教授は「子供たちの学校生活への意識を変えていくことが重要だ」と話しています。

千葉大学・藤川大祐教授 「もとに戻るのではなくて、新しい学校生活を始めるんだという意識をもってもらうことが最優先事項かなと思います。今まで通りに学校に来て過ごそうとしてしまうと、どうしても子供たち同士がかなりべたべたくっつくとか、子どもと先生が近い距離でコミュニケーションをとるとか、そういうことが多くなりがちだと思うんです。しかし、まだ感染防止については全く油断ができない状況ですので、子供たちどおしの距離とか先生と子どもの距離とか、そういったことについてはかつてと同じようにはいかないんだという意識が必要だと思います。お互いのコミュニケーションも対面だけではなくて、文字でのコミュニケーションであったり、校内放送を使ったコミュニケーションであったり、そういったものを活用していくことが必要になると思います」

学校内での感染を防ぐためにも学校や家庭で子供たちに意識づけをしていくことが大切です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ