Jリーグ・静岡県内4クラブが合同プロジェクト 動画やクラウドファンディング

2020年05月15日(金)

芸能・スポーツ

新型コロナの感染拡大で中断が続いているJリーグ。

県内4クラブの選手会が合同プロジェクトを立ち上げ、15日オンラインで会見が行われました。

清水エスパルス、ジュビロ磐田、藤枝MYFC、アスルクラロ沼津が協力して立ち上げた「ワン・シズオカ・プロジェクト」。

ジュビロ磐田・山田大記選手 「地域の皆さんが大変な状況の時に、Jクラブがこの地域にあって良かったと思えるようなクラブであることが地域に必要とされるクラブ」

ユーチューブチャンネルや、500万円を目標としたクラウドファンディングなどすでに活動を始めており、選手たちは「静岡の役に立ちたい」と話しています。

清水エスパルス・金子翔太選手 「エスパルス単体だけではなくて、県内4つのJクラブで力を合わせることによって出来上がる特別な力を確信している。静岡県の役に立ちたい」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ