伊東沖の定置網にまたクジラが!1頭迷い込みぐるぐる回る 漁協「網を開いて逃がしたい」静岡県伊東市

2020年05月17日(日)

地域話題

17日朝、伊東沖の定置網にクジラが1頭迷い込んでいるのが見つかりました。

この付近では1月にも2頭のクジラが迷い込み、網を開いて逃がしています。

17日午前5時頃、富戸港の沖合約500メートルに設置されている幅50メートル、長さ75メートルの箱網に、クジラが1頭迷い込んでいるのを操業中の漁業者が発見しました。

頭の特徴からザトウクジラとみられています。

いとう漁協 友竹昇さん「網がそんなに大きくないから、行ったり来たり行ったり来たり、場所がないので、ぐるぐる回ってる感じですね。同じ場所をあす出口作ってなんとか出てもらうように」

クジラは体長7~8メートル、重さ10トンと推定され、漁協は18日にも網の一部に重りを付けて沈め、逃がしたいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ