ようやく入学式 マスク姿の新1年生 熱中症対策も課題 静岡・吉田町

2020年05月18日(月)

地域暮らし・生活

静岡県吉田町の小学校では18日、1ヵ月半遅れで入学式が行われました。

ようやく新1年生として学校に通えるようになった子供たち。

学校もできる限りの対策をして迎えます。

4月の入学式を延期し、休校が続いていた吉田町の住吉小学校。

マスク姿の新1年生58人が式が行われる体育館に入場しました。

隣との間隔を十分開けてイスに座り、担任の先生から名前を呼ばれると嬉しそうな表情を見せていました。

住吉小学校・水嶋浩之校長 「手洗い・うがいをしっかりやって、病気にかからないように元気に学校に通ってこれるようにしてほしいと思います」

感染防止のため来賓の出席を取りやめたほか、上級生による歓迎の出し物も中止となりましたが、ようやく迎えた入学式です。

新1年生 「(Qどんなことしたい?)勉強」

別の新1年生 「(Q何が一番楽しみ?)ご飯」

保護者 「やっと1年生にあがったなって実感がわいた。すごい嬉しいです」

別の保護者 「入学式もやれて、安心してこれからね学校に慣れていってもらえればいいかなと思ってます(笑顔)」

住吉小学校では19日から、学年や住んでいる地区ごとに登校日や時間を分ける「分散登校」が始まります。

「今回接触をさけるためこのような形で間隔をとると」

手洗い場には密にならないように足元にマークをはりました。

できる限りの対策はしましたが、暑くなる時期にむけ課題も感じています。

住吉小学校・水嶋浩之校長 「熱中症対策も当然していかないといけない。エアコンも適宜使いながら、定期的に換気をしたり、エアコンを使う中でも少し換気をするだとか十分配慮していきたいと思っています。過度な対応や指導をしすぎると、差別、偏見、いじめに繋がりかねないと思うので、冷静な指導持続可能な取り組みそこを心がけていきたいと思っています」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ