夏の高校野球中止 「無駄にせず今後に繋げたい」東海大静岡翔洋・原主将

2020年05月20日(水)

地域芸能・スポーツ

夏の高校野球は地方大会・全国大会ともに中止となりました。

悔しい気持ちは持ちつつも、前を向く選手もいます。

日本高野連はさきほどの記者会見で「夏の高校野球の地方大会・全国大会を中止する」と発表しました。

春のセンバツに続く中止で、夏の大会の中止は戦後初めてです。

この一報を受け静岡県内からは困惑の声が上がっています。

去年の静岡大会で開幕戦を戦い、3年ぶりのベスト8入りに貢献した東海大静岡翔洋高校の原淳 一キャプテンがオンライン取材で今の心境を話してくれました。

東海大静岡翔洋・原淳一主将 「非常に残念な感じでいっぱいです。悔しいという感情よりも、もう少し長い期間野球をやりたかった。今まで応援してくれた親から本当にお疲れさまと言われた。甲子園を目標に掲げて今までやってきたけど、甲子園という目標が全てではなく、他にも得られた物が多かった。どんなに練習で苦しいことがあっても逃げないことなどを高校野球で学べたと思う。それは野球以外のことでも関係あることだと思うので、そこを無駄にせず今後に繋げたい」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ