旅費不正受給 産業支援センター「f-Biz」運営休止へ 委託先と契約解除 静岡・富士市

2020年05月22日(金)

地域ビジネス(政治・経済)

中小企業の経営相談を行う静岡県富士市産業支援センター「f‐Biz」について、富士市は委託先との契約を解除し運営を休止することを決めました。

「f‐Biz」は富士市が、小出宗昭氏が社長を務める「イドム」に運営を委託し2008年に設置されました。

しかし、去年国の事業でイドムが依頼した社外専門家2人が企業訪問せずに業務を行い旅費などを受け取っていたことが発覚し、市は委託契約を6月末で解除しエフビズの運営も休止します。

小出さんは22日会見を開き「確認の不徹底だった」と謝罪しました。

イドム・小出宗昭社長 「起きたことを重く受け止め、最も我々にとってみても重い選択を取るべきだと考えました」

継続案件や相談などは当面、市が対応する方針です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ