オーストリア・ブンデスリーガ6月再開 北川選手「試合に出て結果を残す」

2020年05月22日(金)

芸能・スポーツ

海外サッカーです。

先週から無観客で再開したドイツ・ブンデスリーガに続き、エスパルスから北川航也選手が移籍したオーストリアのリーグも6月再開が決まりました。

再スタートへの思いを聞きました。

FW北川航也選手 「(Qお久しぶりですお元気でしたか?)お久しぶりです元気ですよ」

去年夏、エスパルスからオーストリア1部へ移籍したFW北川航也選手。

夢の海外挑戦1年目は、リーグ戦ここまで9試合に出場。

カップ戦では移籍後初ゴールも決めていましたが・・・

3月、新型コロナウイルスの影響を受け公式戦が中断、”サッカーができない”日々が続きました。

FW北川航也選手 「初めての経験なので探りながらのトレーニングですけど、試合という目標がない中で自分の追い込むのは難しい。いくら自分に対して追い込もうとしても、もしかしたら試合がなくなるかもしれない。非常に難しかった」

5月に入ると、ドイツ・ブンデスリーガを皮切りに少しずつ動きはじめたヨーロッパのサッカー界。

北川選手の所属するオーストリアリーグも6月再開が決まりました。

チームでの練習も再開し、日常を取り戻しつつあります。

FW北川航也選手 「まずグラウンドで誰かとボールを蹴れる幸せを感じられたし、チームの練習でサッカーをやっている感覚、自分はサッカー選手だなっていう感覚を感じることができて幸せです」

現在、所属するラピドウィーンはリーグ3位。

再開後は上位6チームによる優勝プレーオフに挑みます。

FW北川航也選手 「結果を残すために日本を出てヨーロッパに来た。常にゴールは狙っている(オーストリアに来て)強く思うのは数字が常に自分の評価に直結する。試合に出て結果を残すことを考えてやっていきたい」

オーストリアリーグ優勝プレーオフは6月2日再開予定です。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ