静岡県内・大雨続く 全域に警報 避難勧告も(8日正午現在)

2020年07月08日(水)

地域暮らし・生活

停滞する梅雨前線の影響で静岡県内は大雨が続いています。

気象台は、9日まで雨となり災害の危険度が高い状態が続くとみて警戒を呼び掛けています。

8日の県内は引き続き大気の状態が非常に不安定で、全域に大雨警報が出ています。

また、静岡市と浜松市など4666世帯には避難勧告が出されています。

このあと昼過ぎにかけ、山間部を中心に多い所では1時間に50ミリの非常に激しい雨が予想されています。

原崎瞳記者 「気象台によりますと、雨は9日まで続く見込みで、地盤が緩くなっていくところや、上流からでの河川の増水など災害の危険性が高まっているということです」

気象台は、土砂災害への厳重な警戒と河川の氾濫に警戒するよう呼び掛けています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ