雨量200ミリ超も 断続的に激しい雨予報 土砂災害に厳重警戒を 静岡県

2020年07月04日(土)

地域

活発な梅雨前線の影響で、県内は雨と風の強い状態が続いています。

避難勧告は解除されましたが、5日にかけて警戒が必要です。

低気圧や暖かく湿った空気の影響で、梅雨前線の活動が活発化し、県内では雨が続いています。

3日昼の降り始めから、4日夕方までに降った雨の量は、伊豆市の天城山で207ミリ、静岡市葵区の井川で169ミリとなりました。

6つの市と町に出されていた「土砂災害警戒情報」と、東伊豆町に出されていた「避難勧告」は午後4時に解除されました。

落合健悟記者
「昨夜からの雨は今は止んでいますが、風はまだ強いです。そしてこちらの安倍川はかなり増水しています」

気象台によりますと、一時小康状態になっても、5日にかけ断続的に激しい雨となり、夕方までの雨量は多いところで150ミリと予想されています。

気象台は土砂災害の危険度が高まっている他、低い土地の浸水、河川の増水などにも警戒するよう呼びかけています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ