県民も“監視の目”に 40カ所で不法投棄一斉パトロール 静岡

2020年06月05日(金)

地域暮らし・生活

6月は環境月間です。

静岡県内40カ所で5日不法投棄のパトロールが行われました。

このうち富士市では県と市の職員が富士川河川敷をパトロールし、草むらに捨てられている空き缶や瓶などを回収していきました。

なかにはゴミ袋に入れられた大量の缶やペットボトル、それに建築用のベニヤ板も見つかっています。

県廃棄物リサイクル課・紅林良彦班長 「いらないからといって、ぞんざいに扱ったり見えないところに捨てられては、わたしたちの良い生活環境は保っていけない」

県は捨てた人の特定を進めるとともに、「捨てさせない環境づくりが大切」と県民も監視の目の1つになるよう協力を呼び掛けています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ