狂犬病発症の静岡市在住の外国人男性が死亡

2020年06月15日(月)

事件・事故地域

フィリピンで犬にかまれ、5月狂犬病を発症した静岡市に住む外国籍の男性が死亡したことが分かりました。

死亡したのは静岡市に住む外国籍で30代の男性です。

去年9月ごろフィリピンで犬にかまれ、5月に会社の拠点がある愛知県豊橋市で診察を受けたところ、狂犬病ウイルスが確認されました。

おう吐などの症状のあと、男性は意識を失い13日死亡しました。

厚労省によりますと、狂犬病はけいれんや呼吸障害などを引き起こし、致死率はほぼ100パーセント、潜伏期間は1年から2年という報告もあるということです。

国内では2006年にフィリピンで犬にかまれた男性2人が死亡していて、14年ぶりとなります。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ