リニアの開業は赤信号灯る? 川勝静岡知事が流域10市町長とWEB会議

2020年06月16日(火)

地域話題

川勝知事とJRの金子社長とのトップ会談を前に、地元側の考えをすり合わせる流域市町と県との会議が行われました。

焦点となっているのはJRが求める「準備工事」の再開を認めるかどうか?
結果は満場一致でした。

16日、県庁で開かれたWEB会議。

川勝知事と大井川流域10市町のトップなどが顔を揃えまず、金子社長とのトップ会談をするかどうか意見を述べました。

牧之原市・杉本基久雄市長 「私は知事に金子社長に会ってもらって流域住民が懸念していることをしっかりお伝え頂いて」

掛川市・松井三郎市長 「県としてのスタンスをしっかりJRに伝えるいい機会だと思います」

川根本町を除く9市町が会うべきという意見でした。

さらに、核心の「準備工事」再開を認めるかどうかに議論は移ります。

JRが求める準備工事とはトンネルを掘り始める場所周辺の木の伐採や地ならしです。

「6月中に始めなければ2027年の開業に間に合わない」とし、トンネルは掘らないため水問題とは無関係だと許可を求めましたが…

島田市・染谷絹代市長 「まだ有識者会議で議論されていない。そして結論が出ていないことについても準備工事の中に含まれている。有識者会議の結論を待つべきでそれ以前に準備工事無意味なもの」

袋井市・原田英之市長 「有識者会議の皆さんに失礼でしょ!もうちょっと待たなくちゃ」

10市町すべて国交省の有識者会議の結論を待つべきとしました。

これで、開業の遅れは不可避の情勢です。

川勝知事 「とりあえず会って我々全員が考えていることについて直に金子社長にお伝えをすると」

黄色から赤信号に近づく2027年開業。

川勝知事は流域市町の総意を伝えるためトップ会談に臨みます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ