新型コロナが追い打ちか 三保松原の観光ホテル 運営会社が破産 静岡市

2020年06月17日(水)

地域ビジネス(政治・経済)

世界遺産「三保松原」の近くでホテルを運営してきた福田観光が、破産手続き開始の決定を受けたことがわかりました。

東京商工リサーチによりますと、清水区の「三保シーサイドホテル福田家」を運営する福田観光は6月3日付けで裁判所から破産手続き開始の決定を受けました。

負債総額は約1億4000万円です。

福田観光は1950年に前身となる「福田屋旅館」を開業し、バブル期には年間4億円以上の売り上げがありましたが、その後業績が悪化。

富士山の世界遺産登録でも業績は回復せず、さらに新型コロナウイルスの影響で3月末から休館するなど追い打ちをかけたと見られています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ