等身大のメッセージ デザイン学校生が社会問題の広告CMの展示会 静岡市

2020年06月18日(木)

地域

広告やデザインついて学ぶ専門学校生が、社会問題に向き合い制作した広告作品の展示会がいま開かれています。

作品には等身大のメッセージが込められていました。

静岡デザイン専門学校のギャラリーに展示されているのは、生徒たちが作った新聞広告やテレビCMです。

「ACジャパン広告学生賞」に応募した作品で、一人ひとりが社会問題に向き合い伝えたいメッセージを込めました。

横山文夏さんのテレビCM「最近友達が学校に来ない。それは小さなSOS。うつ病は15人に一人がなる身近な病気です」

横山さん「わたしの友人がうつ病になってしまったということがあって、1クラスの中に一人二人はいるということをもっと知っていただけたらいいと思いますね。話をじっくり聞いてあげるということが一番大切だと私は思います」

金井沙耶香さんの新聞広告「1枚目の心に触るな。2枚目の心に触るな。2枚目のより」

金井さん「性被害にあった方の気持ちを素直に作品にしたものです。私自身が遭ったことがあり、すごく気持ちが入りやすかった。背中には実際傷は見えないけれど見えない傷が、見えないけど残る深い傷があるんだよということを伝えたくて」

広告やデザイン業界を目指す専門学校生から社会への問題提起。

この展示会は7月5日まで開かれます。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ