“3密”防いで新しい生活様式 歩道で営業「まちなかオープンテラス」始まる 浜松市

2020年06月19日(金)

地域暮らし・生活ビジネス(政治・経済)

「3密」を防いで新しい生活様式に対応しようと、浜松市で19日から歩道を使った「まちなかオープンテラス」が始まりました。

浜松市が街中で始めたオープンテラスの社会実験は、歩道での営業に必要な届け出を市が一括して行い、飲食店や雑貨店は歩行者が通る幅2メートルを開ければ営業スペースを設けることができるようにしました。

19日はあいにくの小雨でしたが、テラス席には早速客が訪れていました。

利用者 「開放的でいいですよね」
別の利用者 「外だと中と景色が違ってまたいいですね」

市によると、19日までに23店舗が「まちなかオープンテラス」に参加しています。

cafeテラス1952・世田和也店長 「新型コロナ感染の予防も含めて、外で営業できるところは非常に嬉しく思っております」

期間は7月3日までで、市は状況に応じて延長も検討しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ