10歳の画伯 市の公認クリエーター任命 深海魚の魅力PR 静岡・沼津市

2020年06月20日(土)

話題

深海魚などの生き物を描く沼津市の小学5年生が、市公認の「お魚アートクリエーター」に任命されました。

沼津市の鈴木翔太君10歳。

小学校5年生ながら、色彩豊かに生き物を描く「少年画伯」で、地元の漁協が7月にリニューアルオープンする食堂の壁画も手がけました。

1カ月かけて完成させた壁画の前で、沼津市の頼重秀一市長からアートクリエーターの任命書と特製の名刺を受け取りました。

沼津市公認お魚アートクリエーター鈴木翔太君
「深海の魚は、浅瀬とは断然違うので、独自の進化を遂げた生物がたくさんいるのが魅力。みんなが喜ぶ絵を描きたいです」

翔太君は、今後も絵を通して地元の魅力を発信し、沼津市はその活動を後押ししたいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ