次は10年後…今回見えた? 各地で「部分日食」観測

2020年06月22日(月)

地域話題

21日、太陽の一部が月に隠れる部分日食が観測されました。

テレビ静岡が天体ショーを撮影しようとカメラを設置したのは、静岡・伊東・下田の3地点。
そして観測会が行われた浜松市です。

静岡県内には雲も広がっていたのですが、どう見えたのでしょうか?

日食が始まる午後4時。

浜松科学館が開いた観測会には、たくさんの親子連れが集まりました。

お目当ては日食グラス。

男の子 「わくわくしている」
女の子 「さっきからすごい楽しみにしていたので、見れるのがとっても楽しみですね。信じれば見れると思います。私の中ではそう思います」

浜松科学館天文チーム・伊藤将宏さん 「世界のどこかでは一年に2回起きているんですが、日本で見られるのはなかなか珍しいですね。次みられるのが10年後ですね、これを見逃すと10年間待たないといけないことになります」

貴重な天体ショーを撮影しようと、テレビ静岡がカメラを設置したのは県内3カ所。

果たして見えるのでしょうか?

伊豆半島の最南端南伊豆町では・・・

午後4時10分、下の方から欠け始めました。

しかし、20分後・・・

雲がかかって見えなくなってしまいます。

伊東市の小室山公園では。

川船昌雄記者 「午後4時20分です。部分日食の様子がはっきりとわかってくるようになりました」

見えたかと思えば・・・

「消えてしまった~また出てくるか?」

雲がかかって見ずらくなることも。

しかし、食の最大を迎える午後5時10分ごろ、再び姿を現しました。

テレビ静岡本社屋上のカメラも分厚い雲に阻まれていましたが、午後5時5分ごろ少しだけ顔をのぞかせてくれました。

一方、浜松市の観察会では。

科学館の人 「太陽の下の方ちょっとかけてますね。まん丸じゃなくなっています」
女の子 「まじ欠けてる、やっばい。下の方がちょっと欠けてましたね。めちゃくちゃ見えました。(Qどうなってた)月みたいな形」

スマートフォンで日食グラスごしの太陽を撮影する人も。

女性 「携帯通した方が綺麗にみられる気がします」

しっかりと壮大な天体ショーをその目に焼き付けていました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ