天候不順に新型コロナ 駿河湾フェリー6900万円の赤字 利用促進が課題

2020年06月22日(月)

地域ビジネス(政治・経済)

静岡県などが経営を引き継いだ「駿河湾フェリー」、新型コロナなどの影響で昨年度は大幅な赤字となりました。

「駿河湾フェリー」の2019年度の決算は6900万円あまりの赤字となりました。

天候不順に加え、新型コロナの影響で利用者数は前の年の3割ほどと、過去最低を記録したためだとしています。

ふじさん駿河湾フェリー・滝浪勇理事長 「この船に乗りたいと思う人をいかに作るかが一番大事で、そこを改善していきたい」

新型コロナの影響で現在フェリーは運休中です。

再開予定の7月には、期間限定の無料キャンペーンや神社などとタイアップした乗船者限定の御朱印などを企画しており、利用促進を図りたいとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ