地域にエールを “勝手”に聖火リレー 手作りトーチで走る 静岡・磐田市

2020年06月24日(水)

地域話題

東京オリンピックは来年に延期されましたが、本来なら静岡県内では24日から3日間聖火リレーの予定でした。

そこで磐田市の市民の有志が来年に期待をつなごうと、手作りトーチを持ってコースを走りました。

「いわたエールラン、スタート!」

手作りのトーチを掲げ磐田市内を走る男性たち。

24日は磐田市に聖火がやってくる記念すべき日でしたが、オリンピックは新型コロナの影響で1年延期に。

それでも24日という日を盛り上げ、地域にエールを送ろうと、市民の有志が「勝手にいわた聖火リレー」を実施しました。

「清々しいです」

コースは予定されていた聖火リレーと同じです。

約30分で駆け抜けました。

市民有志・大庭竜介さん 「思いのほか皆さんが応援してくれて、その気持ちが届いて楽しく走れた」

来年の聖火リレーの日程はまだ調整中ですが、本番も市民の立場で盛り上げたいと話していました。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ