田辺静岡市長は「工事がずさん」と指摘 山間部の太陽光発電施設を視察

2020年06月24日(水)

地域

住民が反対している静岡市の山間部の太陽光発電施設を、田辺市長が視察し「工事がずさん」と指摘しました。

葵区黒俣では大阪府の業者が山林を切り開き、新たに0.9ヘクタールの土地にソーラーパネルの設置を計画しています。

住民は土砂災害や河川への影響があるとして建設の反対を求めていて、24日 田辺市長が現場を視察しました。

既に去年8月から隣接する土地では韓国の事業者が太陽光発電を始めており、住民は台風で川が濁るなど影響があったと訴えています。

静岡市・田辺信宏市長 「率直に、今までの工事がずさんだったんではないかという疑問を私は持ちました。そのことについて何ができるのか検討していきたいと思います」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ