老人ホームに土石流が…直前に異変伝えた男性を表彰

2020年06月25日(木)

地域暮らし・生活

去年の台風19号で土石流が起きる前に高齢者施設に避難を呼びかけた小山町の男性が、土砂災害防止功労者表彰を受けました。

土石流が流れ込んだ高齢者施設「平成の杜」。

しかし直前に入所者は2階に避難が完了し、1人の犠牲者も出ませんでした。

この時施設の隣の水路から水があふれていることに気づき平成の杜に知らせたのが内田肇さんです。

内田肇さん 「夜の7時半頃になって水路から水があふれるのを見ましたので、あそこから出るのを初めて見た。あの時はただ平成の杜に連絡しなきゃいけないという思いだけだったのでそのこと以外考えていなかった。こんなことになるとは正直思っていませんでした」

若林久美子施設長「内田さんが教えてくれなかったら職員もお年寄りもケガをして危ないところだった。内田さんの一声がほんとにありがたかった」

国土交通大臣から土砂災害防止功労者として県内の個人が表彰されるのは14年ぶりです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ