熱海のサプライズ花火 実は飲料メーカーの“プロモーション撮影” 静岡

2020年06月26日(金)

地域ビジネス(政治・経済)

21日に熱海市で新型コロナウイルスの収束と観光の回復を願いサプライズで打ち上げられた花火について、実際は飲料メーカーのプロモーション撮影だったことがわかりました。

21日に熱海市で打ち上げられた300発の花火。

市は2時間前に同報無線で「熱海市は医療従事者をはじめ苦境に立ち向かうすべての市民への感謝を込めてお送りします」と告知していました。

しかし、実際は花火業者が主催した大手飲料メーカーのプロモーション撮影で、現在の情勢で商業撮影の受け入れは難しいので市民や医療従事者への感謝として花火を打ち上げ撮影を兼ねてもらったということです。

熱海市・斎藤栄市長 「同報無線の内容は熱海市がという風になっていますので、そこは正しくないですね」

市は広報の訂正を検討しています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ