【速報】リニア・トップ会談 JR金子社長・準備工事「トンネルは掘らない」と強調 静岡

2020年06月26日(金)

地域ビジネス(政治・経済)

静岡県の川勝知事とJR東海の金子社長のトップ会談が行われました。

2027年開業のカギとなるリニアの準備工事に応じるかどうかが焦点で、金子社長は準備工事がトンネル掘削にはつながらないと強調しました。

静岡県庁に到着した金子社長を出迎えた川勝知事。

大井川の水量がリニアの工事によって減る可能性がある問題が解決していないため、静岡工区のみ着工ができていませんが、2027年の開業には6月中の準備工事再開が必須です。

JR東海・金子慎社長 「私たちはトンネルは掘りません、“なし崩し”と言われても、制度とか仕組みとか言う前に工事の責任者は私ですので、私が掘らないと知事に申し上げるわけですから」

金子社長は準備工事がなし崩しにトンネル工事につながることはないと約束したうえで、環境問題を重視する姿勢を示しました。

静岡県・川勝平太知事 「社長から水の問題を疎かにしていないと聞いて、大変力強い安心しました」

知事はこう答えましたが、県の姿勢としてはこれまで通り準備工事は国の有識者会議の結論が出るまで認めない考えです。

ようやく2人が顔を合わせましたが、事態の打開にはつながっていません。

トップ会談を見守った大井川の流域市町は。

袋井市・原田英之市長 「水の問題、環境の問題、リニアの大切さ、この3つがお互いにうまくいくようにという点で一致した。これはものすごくいいことだと思います。最後に金子社長がおいでになった主な要因のヤードの整備について、知事はいいといったのか悪いといったのか、率直に聞いてて判断ができなくて。だからそこのところの議論が踏み込みができていなかったかなと」

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ