“日本一”の軽便鉄道展 藤枝と袋井結んだ「幻の路線」 50年の節目に展示会 静岡・藤枝市

2020年06月28日(日)

地域

50年前に廃線となった軽便鉄道「駿遠線」の写真などを集めた展示会が、藤枝市で開かれています。

軽便鉄道とは通常の鉄道よりも小型の車両が走る鉄道で「静岡鉄道駿遠線」は、藤枝市から袋井市までおよそ65キロを結ぶ日本一長い軽便鉄道でした。

廃線から50年の節目に開かれた展示会には、のどかな風景をバックに走る写真や駅員が使っていた道具など、およそ200点が展示されています。

このほか駿遠線を再現したジオラマもあり、訪れた人は当時を懐かしむように見入っていました。

来館者「たぶん5、6歳だと思うけど藤枝の駅から相良まで行きました。母と一緒に」


「日本一の軽便展」は藤枝市郷土博物館で8月2日まで開かれています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ