【浜松市記者会見】新型コロナ8例目は70歳代男性会社員 勤務先の東京で感染か

2020年06月29日(月)

地域暮らし・生活

浜松市は29日午後4時から記者会見し、市内8例目となる新型コロナウイルスの新たな感染者について説明しています。

市によりますと、新たな感染者は浜松市中区の70歳代の男性会社員です。

この男性は勤務地が東京で仕事の間は都内の借り上げに滞在し、週末に浜松に帰るという生活だということです。

男性は6月25日、東京で夕方に熱っぽさを感じていて、翌26日には強いだるさがあったため浜松に帰宅後、検温したところ39.3度の熱がありました。

このため帰国者・接触者相談センターに連絡し、28日にPCR検査を受けたところ陽性が判明しました。

男性は29日に指定医療機関に入院しましたが、微熱と咳、痰、息切れなどがあるということです。

浜松市は同居者1人を濃厚接触者と判断してPCR検査を実施しましたが結果は陰性ということです。

また、男性は25日の症状が出て以降、帰宅時に新幹線やタクシーを利用していますが、新幹線は乗客がまばらで、タクシーもマスクを着用していて、隔壁もあったということです。

浜松市は男性は東京都内で感染したとみており、市内での感染拡大の恐れはないとしています。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ