【ただいま天気 7/8 】あす9日昼過ぎ再び雨強まる 

2020年07月08日(水)

暮らし・生活

小塚恵理子気象予報士

ずっと雨が続いていますが、静岡県内では8日朝7時以降は非常に激しい降り方になり、活発な雨雲が通り抜けていきました。

【8日朝の強い雨 】
雨に加えて強い風、嵐のようでした。暖かく湿った空気が勢いよく流れ込み、静岡の最大瞬間風速は16.8メートルでした。

降り始めからの雨量は山間部で600ミリを超えました。
また佐久間・御殿場では、月の雨量がすでに7月としては観測史上もっとも多くなっています。8日間で過去の記録を塗りかえてしまいました。

さて、県内でも雨が強まった時間、岐阜県・長野県には一時「大雨特別警報」が発表されました。静岡県でもその可能性があるのか気になりますが、今のところ、特別警報の発表に至る雨にはならない見通しです。

【 警戒レベル 】
大雨特別警報、これは警戒レベル5に相当する情報でした。警戒レベルについて、今一度、確認しておきましょう。各市町や気象台から出る情報にレベルをつけることで、今何をすべきかわかりやすくしたものです。

5は既に災害が発生している、あるいは発生している可能性が極めて高いときです。特別警報は5に相当します。

この段階では、もう逃げられないと考えてください。
レベル5になるのを、つまり特別警報が出るのを待っていてはいけません。
4のうちに、危険な場所にいる人は全員が避難を完了しておくことが大切です。

【 土砂災害警戒情報 】 
午後6時現在発表されているのが、土砂災害警戒情報です。
富士宮市では土砂災害がいつ発生してもおかしくない非常に危険な状況が続いています。

その他の地域は、8日雨が小康状態となったことで解除されましたが、大雨警報は発表されたままです。雨が降り続いていたため、少しの雨でも危険度が高まりますので警戒を続けてください。

【 これからの雨の予想 】
日中は、雨の中心は海の上でしたが、この後は再び雨の領域が北に上がってきます。雨が強まる所もあるでしょう。

その後も降ったりやんだりが続き、8日朝ほどではないもののあす9日の昼過ぎにかけては雨が強く降る所が多くなりそうです。その後夕方にかけては弱まりそうです。

このあと24時間に降る雨の量は、いずれも多い所で西部と中部は180ミリ、東部、伊豆は150ミリとなる見込みです。9日も大雨に警戒が必要になりそうです。

【 週間予報 】
この先も雨の降る日が続きそうです。前線の活動が活発な状態が、あす9日まで続きますので、一旦あすまで大雨に警戒が必要です。

その後は前線の活動は弱まりますが、雨は降ったりやんだり続く見通しで、しばらくは、雨の降り方に注意が必要になりそうです。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ