【ただいま天気 6/30 】昼まで“長時間強い雨”500ミリ超雨量も

2020年06月30日(火)

暮らし・生活

小塚恵理子気象予報士

今回の雨は、かなりの量となり、強く降る時間が長くなりそうです。

【 今夜の天気図 】
天気図から見てみましょう。

日本海に低気圧があり、そこから前線がのびています。南にのびる寒冷前線が近づいてきている状況です。

この前線の前では暖かく湿った空気が流れ込んでいて、この影響で静岡県内では、すでに雨が降っています。
最も雨が強く降るのはこの前線上や少し前のあたり。雨の強い領域がこれから近づいてきます。

【1日の予想天気図 】
かわって、あす1日の天気図。
1日になっても、前線は静岡県のあたりです。

前線の動きが遅いので、雨の強く降る領域が静岡県にかかり続けることになり、雨の降る量が多くなると考えられます。

【 雨は1日昼がピーク 】
現在の雨の様子をレーダーで見てみますと、警報が発表されている中部や西部では雷を伴って雨が激しく降っています。

このあとも広く雨が降り、日付が変わる頃からさらに強まり、あす1日昼頃にかけてがピークで、降り方の強い状態が続くでしょう

午後になると全体的に雨雲は東へ動いていきますが、静岡県にはしつこく雨が残り、あすいっぱい雨となり、雨量が多くなりそうです。

【 500ミリ以上の雨に警戒 】
今回は、強く降る時間が比較的長いのが特徴です。

今夜からあすの昼頃にかけて続き、1時間に50ミリから70ミリの非常に激しい雨。滝のように降る所も。

予想される雨量は、1日の午後6時までに多い所で400ミリ、その後もさらに雨量が増える見込みで、トータルで500ミリ以上の雨となる所もありそうです。

この2日間で1か月分の雨が降ってしまうような予想です。

雨の量が多くなりますので、土砂災害・低い土地の浸水、河川の増水・氾濫にはとくに警戒が必要です。

外の様子などに普段との違いを感じたり、また不安を感じたら、非難の準備を。
少しでも雨が弱いうちに安全な場所への非難を考えてください。
ですが、外への非難が難しい場合は、崖の反対側の2階以上の部屋へ移動したり、浸水の場合も2階以上に避難するなど、もっとも安全な行動をとるようにして下さい。

今後発表される情報にもご注意ください。

直近のニュース

テレしず番組公式サイト

ただいま!テレビ

Line公式

Facebook公式

Twitter公式

Instagram公式

FNNプライムオンライン

FNN PRIME online

FNNビデオPost

ページの先頭へ